文字サイズ
無料相談のお問合せはこちら

全国対応 | 24H受付 | 土日も相談可能
初回60分まで無料法律相談実施中!

よくある質問

家主様からのよくある質問に弁護士が回答します。

-- Q1 入居者が家賃支払いを1回怠った程度の段階でも、弁護士さんに相談して問題ないでしょうか?

まったく問題ありません。
少しでも早い対応、早い準備が将来における損失拡大を軽減することにつながります。入居者が家賃支払いを1回怠った段階であっても気軽にご相談ください。

-- Q2 なぜ相談料が無料なのでしょうか?

1人でも多くの家主さんに、迅速に家賃滞納を解消する方法があることを知って頂くため、家賃滞納に関する法律相談については、初回1時間は無料で対応したいと考えているからです。

-- Q3 なぜ全国対応が可能なのでしょうか?

オーセンスには、各都道府県に協力弁護士がいます。
そのため、全国対応が可能となっています。

-- Q4 依頼してから入居者が退去するまでの期間が長期化すればするほど弁護士費用は高くなってしまうのですか?

高くなることはありません。
オーセンスでは、明け渡しの断行までを定額制(40万円(税別))で対応しています。ですので、期間が長くなるから弁護士費用が高くなるということはありません。

-- Q5 弁護士さんに依頼する前に、まずは自分で督促してみたいのですが、やり方を教えてください。

まずは入居者との話し合いの時間をもちましょう。
話し合いをしても家賃の支払いをしてくれない場合、または話し合いが難しい場合には、内容証明郵便で督促しましょう。

-- Q6 入居者が家賃を滞納し始めました。
この場合、家賃の支払いが1回遅れただけでも連帯保証人に連絡して請求する事は法律上可能でしょうか?

法律上、請求することが可能です。
ただし、家賃支払いが1回遅れた段階においては、ただちに連帯保証人に未払い家賃を請求するという手段ではなく、連帯保証人に入居者に連絡を取ってもらい、連帯保証人を通じて入居者の家賃の支払いを促してもらうなど、連帯保証人に協力を求める姿勢で臨むことも有用です。

-- Q7 入居者との間の更新料・敷金に関するトラブルといった、家賃滞納以外のトラブルについても相談して良いのでしょうか?

家主さんに起こる家賃滞納以外の法律トラブルについても気軽にご相談ください。ただ、家賃滞納以外の相談については有料となります(1時間1万500円(税込))。

-- Q8 訴訟進捗管理システム(eオーナーズ)について教えてください。

eオーナーズは、建物明け渡し訴訟に関係する書類、ご依頼から明け渡し完了までの訴訟の進捗状況などを、誰でも簡単に確認できるwebシステムです。
『自分の依頼している案件が今どうなっているか』をいつでも確認することができて便利だ」として多くの家主さんに活用していただいています。

セミナー実績

  • 不動産街頭無料相談会
    公益社団法人全日本不動産協会 東京都本部城南支部「不動産街頭無料相談会」森田雅也弁護士、嶋田葉月弁護士
  • 不動産街頭無料相談会
    公益社団法人全日本不動産協会 東京都本部多摩北支部「不動産街頭無料相談会」森田雅也弁護士
  • 不動産街頭無料相談会
    公益社団法人全日本不動産協会 東京都本部城南支部「不動産街頭無料相談会」竹中恵弁護士、嶋田葉月弁護士
詳しく見る
tel:0120-888-737 お問合せはこちら
無料相談のお問合せはこちら

全国対応 | 24H受付 | 土日も相談可能
初回60分まで無料法律相談実施中!